ZY Play

zhiyunからリリースされた新旧ジンバルを徹底比較!Smooth 4がおすすめ!

スタビライザーやジンバルを代表するメーカーと言えば
多数ありますが、
その中でも勢いの衰えないzhiyunに注目が集まっています。

ブレずに綺麗な動画撮影を行いたければ、
国内・国外のクリエイターたちが一目置く
ジンバルを導入しない手はないでしょう。

前作のSmooth Qから
さらなる進化を遂げてリリースされたSmooth 4は、
一体どこが変わったのでしょうか。

使いやすくなったとの声が多く見られますが、
実際はどうなのでしょう。

今回は、zhiyun からリリースされたジンバルを
新旧で比較
してみたいと思います。

最大駆動時間と重量を比較

気になる所の一つとしては、
フル充電した際の最大稼働時間が挙げられるのではないでしょうか。

こちらは新旧どちらのジンバルも12時間となっています。
どちらも十分と言えますね。

本体重量は若干ですが、新型のSmooth 4が重いです。
と言っても100g程度の違いですが。

本体にスイッチが多数配置されたので、
その分なのでしょうか。

それにしても軽量感が追求されていることには変わりありません。

大幅に改善された本体に配置されたスイッチ

大きく変わったところと言えば、
本体に配置されたスイッチ類です。

前作ではズーム操作が独立したスイッチで操作できましたが、
Smooth 4では様々な操作が手元のスイッチで可能となります。

例えば本体側面のダイヤルでフォーカスが、
正面のスイッチでフラッシュの操作などが可能です。

この進化は、自撮りをしながらの撮影時に役立つのではないでしょうか。

こうした操作を行うためには
専用のアプリ「ZY Play」のインストールが必要になります。

ただし、Androidの一部の機種では、
ズームのみ操作が可能となります。

ズーム動作もシームレスではなく、
スムーズではないという報告もあります。

zhiyun公式ページには、
android OS5.0以降が対象とされています。

同ページにて公表されている
対応機種一覧は下記になりますので、参考にしてください。

Google Pixel2、Google Pixel2 XL、Google Pixel、Google Pixel XL、Google Nexus 6、Google Nexus 6p、Google Nexus 5x
Samsung S8、Samsung S8+、Samsung S7, Samsung S7 edge、Samsung S6、Samsung S6 edge、Samsung S5、Samsung Note8、Samsung Note7
Huawei P10、Huawei P10 Plus、Huawei P9、Huawei Mate 10、Huawei Mate 9、Huawei Mate 8、Huawei Mate S
Oneplus 5、Oneplus 5T、Oneplus 3、Oneplus 3T
Xiaomi 6、Xiaomi 5、Xiaomi 5s、Xiaomi 4、Redmi Note 4x、Redmi Note 3
LG G6、LG G5
Smartisan NUT Pro 2、Smartisan U1 Pro
Oppo R9s
Vivo X7

他にも、
ジンバル自体のモードを切り替えるスイッチが
独立して本体に配置されています。

こちらの操作には専用アプリを必要としません。

パンフォローモードやロッキングモード、フォローイングモードは
どちらのジンバルにも搭載されていますが、
ボタン一つで瞬時に切り替え可能なのはSmooth 4だけです。

搭載された新機能で撮影の幅が広がる

もう一つ、大幅な機能の進化と言えば、
PhoneGoモードが挙げられます。

ジンバルを左右に素早く動かしたときに、
スマートフォンも一緒に追従してくれるというものです。

素早い被写体を追うのにも大変重宝するでしょう。
撮影の幅が広がることは間違いありません。

さらにオブジェクトトラッキング機能も搭載されています。
被写体を指定すると、自動的に追従してくれるという機能です。

例えば、三脚に設置して自らを指定すれば、
簡単に自撮り撮影も可能になります。

新型には搭載されていないジョイスティック

旧Smooth Qにあって新Smooth 4になくなったもの、
それはジョイスティックです。

Smooth Qではジョイスティックによって
スマートフォンを上下左右に操作できましたが、

Smooth 4ではフォローモードを使用して
同操作が可能
となります。

実際に同じ動きを再現することができるので
問題はないと言えるでしょう。

まとめ

同時期に発売されたジンバルや
同価格帯でのジンバルと比較しても、
Smooth 4はとても操作性に優れていると言えるでしょう。

メニューやモードを操作するスイッチ系統が
独立しているということは、大きな利点です。

Smooth 4ほど本体にスイッチを搭載している
スマートフォン専用のジンバルは、
他にはないのではないでしょうか。

zhiyun smooth 4はandroid端末でも使用が可能なのか?

手振れのない綺麗な動画を、
気軽に撮影することが可能な電子スタビライザー。

スマートフォンで使用するならば
断然zhiyun smooth 4がおすすめと言えるでしょう。

国内ではiosユーザーのシェアが多いですが、
世界的にみるとandroidユーザーのシェアの方が多いという事実もあります。
ジンバルを使うのはiPhoneユーザーに限ったことではありません。

今回は、
「androidでもzhiyun smooth 4は使用可能なのか」という部分に
フォーカスを当てて解説をしていきたいと思います。

同期してスマホの設定を操作できる便利な機能

先ずは、zhiyun smooth 4を
スマートフォンとBluetoothにて同期させたときに
使用可能となる、便利な機能をご紹介していきたいと思います。

代表的なところで言えば、
フォーカス操作ズーム操作などが挙げられるでしょう。

スマートフォンの画面に触れることがなくても、
ジンバル側のスイッチでこれらの操作が可能となります。

これによって、映画撮影の際に用いられる
ドリーズームなどの撮影手法を手軽に再現することが可能となります。

さらには、
インカメラとアウトカメラの切り替え、
撮影時のパラメーターの調節や解像度、
フレームレート
なども操作が可能です。

ジンバル側のスイッチでここまでの操作を可能とするのは
zhiyun smooth 4以外には存在しないでしょう。

専用アプリのインストールが必要

上記で紹介した機能を使用する為には、
「ZY Play」と呼ばれる専用のアプリケーションを
インストールする必要があります。

iosではApp storeに、
AndroidではGoogle Play storeにそれぞれ用意されています。

android端末で使用する際の注意点

ここで注意しなくてはならないのが、
Android端末によっては動作が安定しない場合があるということです。

一部の機種では、ズームのみ操作が可能となり、
ズーム作動もシームレスではなく、
動作がカクつくという報告もあります。

zhiyun公式ページには、android OS5.0以降が対象とされています。
また、同ページにて公表されている対応機種一覧は下記になりますので、参考にしてください。

Google Pixel2、Google Pixel2 XL、Google Pixel、Google Pixel XL、Google Nexus 6、Google Nexus 6p、Google Nexus 5x
Samsung S8、Samsung S8+、Samsung S7, Samsung S7 edge、Samsung S6、Samsung S6 edge、Samsung S5、Samsung Note8、Samsung Note7
Huawei P10、Huawei P10 Plus、Huawei P9、Huawei Mate 10、Huawei Mate 9、Huawei Mate 8、Huawei Mate S
Oneplus 5、Oneplus 5T、Oneplus 3、Oneplus 3T
Xiaomi 6、Xiaomi 5、Xiaomi 5s、Xiaomi 4、Redmi Note 4x、Redmi Note 3
LG G6、LG G5
Smartisan NUT Pro 2、Smartisan U1 Pro
Oppo R9s
Vivo X7

今後のアップデートによる改善に期待

上記でご紹介した機種以外にも
動作しているスマートフォンもあるようですが、
安定しない挙動もいくつか確認されています。

今後のアップデートによる改善に期待したいところです。

Android端末でもスムーズに使用できるようになれば、
さらに使用するユーザー層も増え、
クリエイトされる動画の幅も広がるはずです。

まとめ

スマートフォンでの動画撮影にとても便利なzhiyun smooth 4は、
Androidでの使用も可能です。

しかし、ジンバル側のスイッチにて操作をする場合、
対応機種が限られているのも事実でした。
この点はご注意いただければと思います。

今後のアップデートによって、
近い将来には全てのスマートフォンで、
安定した動作を実現できる日がくることを期待したいですね。

プロ並みの撮影を簡単に行えるzhiyun smooth 4の使い方を紹介

誰でも気軽にプロ並みの動画が撮れるとあって
大人気の「zhiyun smooth 4」

その操作性は、他のジンバルの追従を許さないほどに効率的。
本体に多数設置されたスイッチを使用すれば、
本格的な撮影が思いのままです。

ジンバル本体の操作によって、撮影の際にできることが多いので、
扱いに慣れるまでは少し苦労するかもしれません。

しかし、納得の行く撮影を成功させるための試行錯誤は、
それ自体が充実したものとなるでしょう。

それでは、順を追って
zhiyun smooth 4の使い方を説明していきたいと思います。

ジンバルを起動させる前の重要な準備

先ずはジンバルにスマホを固定させなければなりませんね。
ホルダーに挟み込んで固定していきます。

横方向はもちろんのこと、
縦方向にもスマホを装着することが可能です。
撮影シーンに合わせて固定させましょう。

固定できたら今度は、バランス調整です。

水平になるように手動で調整をして、
ジンバル側にあるネジを締めていきます。

これでジンバルを起動させる前の準備は完了ですね。

専用アプリ「ZY Play」をダウンロードして便利にスマホ操作を

さて、続いては、撮影のモードです。

ジンバル本体にはいくつかのスイッチ類が配置されていますが、
これによって撮影パラメーターの調節や録画の開始、
インカメラ・アウトカメラの切り替えなどが可能となっています。

さらに、親指で操作できる正面に設置されたホイールでは、
解像度やフレームレートの設定なども変更が可能です。

そして、本体側面に設置されたハンドホイール。
これを使用することで、
ズームとフォーカスの操作ができてしまいます。

※android端末の場合は、ズーム機能のみで
フォーカスに対応していない機種も御座いますので、
Zhiyun TECH公式サイトより
事前にandroidでの対応機種の確認をお願い致します。

これらの機能を使用する為には、
公式アプリの「ZY Play」が必要ですので、
予めインストールしておくようにしましょう。

撮影の幅を広げる多様なモード切り替え

ジンバル自体のフォローモードも
ボタンひとつで切り替えが可能
となっています。

正面にはパンフォローモードロックモード
背面には、フルフォローモードPhoneGoモード
という配置になっています。

背面のフルフォローモードのスイッチを
ダブルクリックすることで、
スマホを初期位置にリセットすることが可能です。

また、PhoneGoモードボタンを押すと
追従の動作がクイックになるので、
動きの速い動物や動き回る子供を撮影するのに役立つでしょう。

上手く使い分ければ、撮影の幅もぐんと広がります。

タイムラプススローモーションなど、
様々な撮影モードが用意されていますが、

その中でもvertigoモードは、いわゆる
映画で良く使用される手法の「ドリーズーム」を可能としています。

充電方法と稼働時間

充電は、TYPE-Cのケーブルを使用して行います。

フル充電までの所要時間はおよそ3時間半
稼働時間としては、最大で12時間を誇ります。

バッテリー残量は、本体正面に設置されている
LEDの表示で確認することが可能です。

まとめ

沢山のスイッチ類が設けられていますが、
一度操作を覚えてしまえば、これほどまでに
便利なジンバルはないと言えるのではないでしょうか。

片手で本体を持ちながら様々な操作を可能とするので、
手軽に本格的な撮影が可能になりますよ。

zhiun smooth4主なQ&A

Zhiyun Smmtoh 4

こんにちは!Zhiyun ジンバルSHOPです。
本日もZhiyunジンバルについての耳より情報を発信していきたいと思います!

本日は「Zhiyun Smooth 4」をご愛用のお客様からよくいただくご質問と、当ショップよりの回答を分かりやすくまとめさせていただきました。お使いの際に「あれ?」と思うことがあれば、まずご一読くださいませ。

目次

Q. Zhiyun Smooth 4で使用するモバイルアプリは何になりますか?
Q.「ZY Play」アプリが使用できる端末の種類を詳しく知りたいです。
Q. 満充電した場合の稼働時間はどれぐらいになりますか?
Q.コンセントから電源を取っているのですが、どうも充電がうまくできません。
Q.撮影した画像をスマートフォンに保存することができません。
Q. Zhiyun Smooth 4を使おうと電源を入れると暴れてスタビライザーが安定しません。何が問題なのでしょうか。
Q.チルト(垂直)方向への上下操作がうまくできないのですが…。
Q.トラッキングはどのようにしたら使用できますか?
Q. Zhiyun Smooth 4には、別売りのB02ワイヤレスリモートコントローラーは対応していますか?
Q.端末をきちんと横向き搭載にして撮影しているのですが、録画した画像がなぜか縦表示になってしまい困っています。
Q. アクションカムの搭載は可能ですか?

 

Q. Zhiyun Smooth 4で使用するモバイルアプリは何になりますか?

A. Zhiyun Smooth 4を操作するためのモバイルアプリは「ZY Play」となっております。

※先代機種で使用されていたアプリ「Zhiyun assistant」は、Zhiyun Smooth4には未対応となります。
お間違いのないよう、ご確認をお願いいたします。

 

Q.「ZY Play」アプリが使用できる端末の種類を詳しく知りたいです。

A.「ZY Play」アプリの作動する端末は

★iOS9.0以降のApple社の端末(いわゆるiPhone6以降の機種となります)

または

★android OS5.0以降のスマートフォン

となっております。

なお、androidでの推奨端末は以下の機種となりますので、ご一読ください。

※推奨端末以外をご利用の場合、動作が不安定になったり、すべての機能が使用できなかったりする場合がございますので、ご注意ください。
Google Pixel2、Google Pixel2 XL、Google Pixel、Google Pixel XL、Google Nexus 6、Google Nexus 6p、Google Nexus 5x
Samsung S8、Samsung S8+、Samsung S7, Samsung S7 edge、Samsung S6、Samsung S6 edge、Samsung S5、Samsung Note8、Samsung Note7
Huawei P10、Huawei P10 Plus、Huawei P9、Huawei Mate 10、Huawei Mate 9、Huawei Mate 8、Huawei Mate S
Oneplus 5、Oneplus 5T、Oneplus 3、Oneplus 3T
Xiaomi 6、Xiaomi 5、Xiaomi 5s、Xiaomi 4、Redmi Note 4x、Redmi Note 3
LG G6、LG G5
Smartisan NUT Pro 2、Smartisan U1 Pro
Oppo R9s
Vivo X7

 

Q. 満充電した場合の稼働時間はどれぐらいになりますか?

A.満充電が完了するまでには3時間を必要とします。
そして満充電が完了しております場合の最大稼働時間は12時間となっております。

※動作環境、端末の重量などにより若干の差が出る場合がございます。
こちらに掲載しております時間はあくまでも目安としてお考えいただけると幸いです。

 

Q.コンセントから電源を取っているのですが、どうも充電がうまくできません。

A.Zhiyun製品の充電をご家庭のコンセントで行うと、契約電圧によっては正常に充電が行われない場合がございます。

そのため、Zhiyun製品を充電される際にはUSB接続による充電が推奨されています。
「どうもコンセントからの充電がうまくできない」という場合には、パソコンのUSBを利用して充電をしていただけますようお願いいたします。

 

Q.撮影した画像をスマートフォンに保存することができません。

A.「ZY Play」で画像や動画を撮影すると何も操作をしなければ、直接端末に保存ではなく、「ZY Play」アプリ内に保存されてしまいます。

端末に保存したい場合には

  1. まず「ZY Play」のアプリ内のプレビュー項目を表示させる。
  2. その表示ファイルからメモリーのアイコンをタップする

という手順にて進んでいただければ、端末本体に保存することができます。

 

Q. Zhiyun Smooth 4を使おうと電源を入れると暴れてスタビライザーが安定しません。何が問題なのでしょうか。

A.電源を入れる際には、iPhone、スマートフォン端末を載せてから電源を入れているでしょうか?

端末をセットせずに電源をオンにすると、本体が重量を認識することができないため

  • スタビライザーが暴れる
  • 異常な振動を起こしてしまう

という事態が起こりやすくなります。
その結果としてスタビライザーが故障してしまったりする危険がございます!

それを防ぐためにも、スタビライザー起動時には

  1. 端末は搭載されているか?
  2. 左右の重量バランスが取れた状態になっているか?

この2点を必ずご確認ください。

 

Q.チルト(垂直)方向への上下操作がうまくできないのですが…。

A.Smooth 4はコントローラーに上下左右の操作ができるジョイスティックがございません。

ジョイスティックの代わりに、本体の背面ボタンの下側にあるフォローモードのトリガーボタンを使用してコントロールを行います。

このトリガーを押したままでのフォローモード中は、上下左右へのパンチルトの追従操作を行うことができます。
まずはお試しください!

 

Q.トラッキングはどのようにしたら使用できますか?

A.専用アプリ「ZY Play」を起動いたしますと、画面の左下に照準マークのアイコンを見ることができると思います。

このアイコンをタップした後、画面内の被写体を指でドラッグして囲みます。

そうするとその被写体が選択されたことになりますので、その被写体のトラッキング(追尾)が開始されます。

トラッキングモードの解除は、もう一度照準アイコンをタップすればOKです。

 

Q. Zhiyun Smooth 4には、別売りのB02ワイヤレスリモートコントローラーは対応していますか?

A. Smooth 4は他のZhiyun製品と異なりbluetoothの使用が本体に変更されております。

そのため、残念ながら別売りのワイヤレスリモートコントローラーは使用することができません。

ご了承くださいませ。

 

Q.端末をきちんと横向き搭載にして撮影しているのですが、録画した画像がなぜか縦表示になってしまい困っています。

A.まずはスマートフォンやiPhone本体の画面設定をご確認ください。

もしかしたら、縦横にロック設定されていませんか?
画面ロックが設定されていると、プレビュー画面が縦表示となる場合がございます。

どうしても縦表示になる、という場合には、まず画面ロック設定がされていないかどうかのチェックをお願いいたします。

 

Q. アクションカムの搭載は可能ですか?

A.Smoothシリーズは、ポートレート撮影用に取付ホルダーを90°直角に変更することが可能となっています。

◆重量210g未満
◆取付け幅85mm前後

こちらの範囲内のカメラであれば、取り付け可能な場合もございます。

しかし、重量バランスによっては社外品の取り付けアタッチメントが別に必要な場合もございますので、まずは重量や取り付け幅をしっかりご確認くださいませ。

 
 
本日は、Zhiyun Smooth 4について比較的多くいただくお問い合わせをQ&Aという形にまとめてお送りさせていただきました。

Zhiyun ジンバルSHOPでは今後もジンバルユーザーの有力な情報を発信してまいります。

どうぞお楽しみに!