Zhiyun Smooth 4

巷で話題のジンバルをレビュー!高評価が目立つzhiyun smooth 4の実力

少し前まではプロが撮影のために使用するものだった
ジンバルやスタビライザー。

高価で大がかりなものが多く、
素人が使いこなすのは至難の業でした。

しかし、現在では手軽な値段で手に入り、
しかも軽量化されているので
誰でも使いやすくなっています。

そんなジンバルの中でも
評価が高いのがzhiyun smooth 4です。

なぜそこまで好評なのでしょうか。
レビューを交えつつ解説していきたいと思います。

ブレずに撮影ができるという安心感

取り付けたスマホを水平に保つための
モーターのパワーが強いzhiyun smooth 4は、
安心して撮影に集中することができます。

大型のスマホが多く流通している昨今では、
端末自体に比較的重量感があるのも事実です。

そんな大型のスマホでも
ブレずに安定して撮影することができるというのは、
高い評価を得る一つの要因なのではないでしょうか。

軽量感と質感をバランスよく追及

撮影時に使用する機能も素晴らしいのですが、
ジンバル自体の作りも追及されています。

軽量感を重視しながらも、洗練された本体の質感。

軽量感を追い求めるとチープになってしまいがちですが、
そこのバランスをしっかりと保っているのは
さすがと言わざるを得ません。

もちろん付属の三脚も同様で、
しっかりと所有欲を満たす作りになっています。

本体も三脚も、比較的コンパクトなサイズ感で、
しかも作りに妥協がない
というのはポイントが高いですね。

セルフィーにも便利な専用アプリでの操作

専用アプリをダウンロードすることで、
撮影時に便利な機能を
ジンバルのスイッチから操作することができます。

例えばズームやフォーカス操作などです。

スマホの画面に触れることなく
操作が可能なので、ブレの防止にも繋がります。

機能によっては片手での操作も可能なので、
セルフィーでの撮影にも実力を発揮することでしょう。

軽量感も相まって、
ジンバルで自撮りをしながら
様々なことができてしまいます。

※専用のアプリを使用しての操作は、Androidの一部の機種では、ズームのみ操作が可能となります。ズーム動作もスムーズではないという報告もあります。
zhiyun公式ページには、android OS5.0以降が対象とされています。

同ページにて公表されている対応機種一覧は下記になりますので、参考にしてください。

Google Pixel2、Google Pixel2 XL、Google Pixel、Google Pixel XL、Google Nexus 6、Google Nexus 6p、Google Nexus 5x
Samsung S8、Samsung S8+、Samsung S7, Samsung S7 edge、Samsung S6、Samsung S6 edge、Samsung S5、Samsung Note8、Samsung Note7
Huawei P10、Huawei P10 Plus、Huawei P9、Huawei Mate 10、Huawei Mate 9、Huawei Mate 8、Huawei Mate S
Oneplus 5、Oneplus 5T、Oneplus 3、Oneplus 3T
Xiaomi 6、Xiaomi 5、Xiaomi 5s、Xiaomi 4、Redmi Note 4x、Redmi Note 3
LG G6、LG G5
Smartisan NUT Pro 2、Smartisan U1 Pro
Oppo R9s
Vivo X7

長時間の撮影に適した大容量バッテリー

長時間ジンバルを使用する際に
気になるのがバッテリーではないでしょうか。

zhiyun smooth 4では
フルバッテリーでの最大駆動時間が12時間となっています。

これだけ大容量のバッテリーを
搭載していれば心強いですね。

例えば、旅行などで撮影する場合も安心できます。

子供の運動会などにもバッテリーを交換せずに
撮り続けることができるのではないでしょうか。

まとめ

軽量でパワフル、
しかも本体の質感にも満足できる仕上がりの
ジンバルに仕上がっています。

専用アプリの「ZY Play」
Androidの一部の端末に未対応ですが、
それも今後のアップデートに期待をしましょう。

とにかく使いやすいジンバルであることは間違いありません。

自信を持っておすすめできる、動画撮影時の心強い相棒です。

zhiyun smooth 4はandroid端末でも使用が可能なのか?

手振れのない綺麗な動画を、
気軽に撮影することが可能な電子スタビライザー。

スマートフォンで使用するならば
断然zhiyun smooth 4がおすすめと言えるでしょう。

国内ではiosユーザーのシェアが多いですが、
世界的にみるとandroidユーザーのシェアの方が多いという事実もあります。
ジンバルを使うのはiPhoneユーザーに限ったことではありません。

今回は、
「androidでもzhiyun smooth 4は使用可能なのか」という部分に
フォーカスを当てて解説をしていきたいと思います。

同期してスマホの設定を操作できる便利な機能

先ずは、zhiyun smooth 4を
スマートフォンとBluetoothにて同期させたときに
使用可能となる、便利な機能をご紹介していきたいと思います。

代表的なところで言えば、
フォーカス操作ズーム操作などが挙げられるでしょう。

スマートフォンの画面に触れることがなくても、
ジンバル側のスイッチでこれらの操作が可能となります。

これによって、映画撮影の際に用いられる
ドリーズームなどの撮影手法を手軽に再現することが可能となります。

さらには、
インカメラとアウトカメラの切り替え、
撮影時のパラメーターの調節や解像度、
フレームレート
なども操作が可能です。

ジンバル側のスイッチでここまでの操作を可能とするのは
zhiyun smooth 4以外には存在しないでしょう。

専用アプリのインストールが必要

上記で紹介した機能を使用する為には、
「ZY Play」と呼ばれる専用のアプリケーションを
インストールする必要があります。

iosではApp storeに、
AndroidではGoogle Play storeにそれぞれ用意されています。

android端末で使用する際の注意点

ここで注意しなくてはならないのが、
Android端末によっては動作が安定しない場合があるということです。

一部の機種では、ズームのみ操作が可能となり、
ズーム作動もシームレスではなく、
動作がカクつくという報告もあります。

zhiyun公式ページには、android OS5.0以降が対象とされています。
また、同ページにて公表されている対応機種一覧は下記になりますので、参考にしてください。

Google Pixel2、Google Pixel2 XL、Google Pixel、Google Pixel XL、Google Nexus 6、Google Nexus 6p、Google Nexus 5x
Samsung S8、Samsung S8+、Samsung S7, Samsung S7 edge、Samsung S6、Samsung S6 edge、Samsung S5、Samsung Note8、Samsung Note7
Huawei P10、Huawei P10 Plus、Huawei P9、Huawei Mate 10、Huawei Mate 9、Huawei Mate 8、Huawei Mate S
Oneplus 5、Oneplus 5T、Oneplus 3、Oneplus 3T
Xiaomi 6、Xiaomi 5、Xiaomi 5s、Xiaomi 4、Redmi Note 4x、Redmi Note 3
LG G6、LG G5
Smartisan NUT Pro 2、Smartisan U1 Pro
Oppo R9s
Vivo X7

今後のアップデートによる改善に期待

上記でご紹介した機種以外にも
動作しているスマートフォンもあるようですが、
安定しない挙動もいくつか確認されています。

今後のアップデートによる改善に期待したいところです。

Android端末でもスムーズに使用できるようになれば、
さらに使用するユーザー層も増え、
クリエイトされる動画の幅も広がるはずです。

まとめ

スマートフォンでの動画撮影にとても便利なzhiyun smooth 4は、
Androidでの使用も可能です。

しかし、ジンバル側のスイッチにて操作をする場合、
対応機種が限られているのも事実でした。
この点はご注意いただければと思います。

今後のアップデートによって、
近い将来には全てのスマートフォンで、
安定した動作を実現できる日がくることを期待したいですね。

高度な撮影も気軽に可能!zhiyun smooth 4の詳細レビュー

zhiyun smooth 4

スマホで動画を撮影する際に便利な「zhiyun smooth 4」
手ぶれを最小限に抑えることができる、
とても優秀なジンバルです。

しかも比較的安価で購入することが可能とあって、
発売開始から大きな反響を呼んでいます。

スマホメインで動画を撮っている方にとっても、
非常に強力なアイテムとなるでしょう。

今回は、そんなzhiyun smooth 4について
詳しくレビューしていきたいと思います。

ジンバルとしての性能はとても優秀

電源を入れると瞬時に水平を保ちます。
横移動も縦移動も、
ほとんどブレることなく動画撮影が可能です。

ブレを防ぐことが目的のジンバルとしての性能は、
その他のものと比べて遜色ない仕上がりとなっています。

複数設置されたボタンでスマホの撮影モード操作が可能

フォーカス切り替え・ズーム

本体に設置された複数のボタンによって
スマホのフォーカス切り替え・ズームなど
様々な操作が可能ということです。

スマホ本体のフォーカスやズーム、
露出の操作などは、
専用のアプリをダウンロードして起動した状態で操作します。

※android端末の場合は、ズーム機能のみで
フォーカスに対応していない機種も御座いますので、
Zhiyun TECH公式サイトより
事前にandroidでの対応機種の確認をお願い致します。

この特性を上手く利用すれば、
例えばジンバルを移動させながらズーム機能を使用して、
映画のワンシーンなどでよく使われる
「ドリーズーム」も簡単に撮影することが可能です。

ボタン一つでモード操作を気軽に行える

パンフォロー・ロックモード

さらに、ジンバルの左右方向へ追従する
パンフォローモードロックモード
スイッチ一つで切替えが可能です。

従来品からのトラッキング機能も健在で、
アプリ画面内の照準アイコンを選択し、
画面上で被写体をドラッグすることで
簡単に被写体追尾を行う事が可能です。

 
PhoneGoモード

そして、PhoneGoモード

このモードは、
ジンバルを背面上側トリガー操作中に動かした際に、
瞬時にスマホをその方向へと追従してくれるものです。
例えば、動きの速いペットや子供を追う時に
大変便利な機能となっています。

大容量バッテリーで長時間の連続稼働が可能

zhiyun smooth 4はフル充電までは3時間半

一度、満充電してしまえば、
最大で12時間も稼働することが可能です。

電池残量は本体に設置されているライトの点灯数で
バッテリーの残量が確認できます。
瞬時に残量を目視できるというのは、とても便利ですね。

まとめ

zhiyun Smooth 4

高性能で、しかも軽いので普段使いにも重宝するジンバルでしょう。

多機能故に、できることが沢山あります。
本格的な撮影技術を気軽に使えるのは、
この商品ならではの特徴ではないでしょうか。

純正で縦置き三脚が付属しているのも大きな利点となります。

ジンバルが初めてという方も、
使いこなせる操作性と言えるでしょう。

zhiyun Smooth 4を使用して、
動画共有サイトにアップする作品を撮ったり、
思い出作りに使用したりと、
表現の幅が広がることは間違いありません。

自信を持っておすすめできるジンバルと言えます。

ニュータイプが登場!リーズナブル電子スタビライザー by Zhiyun

Zhiyun Smmtoh 4

電子スタビライザーといえば「Zhiyun」がパッと浮かびます。
そして「Zhiyun」と言えば、リーズナブルな電子スタビライザー、というイメージ。

そんなZhiyunからニュータイプとして登場したのがZhiyun Smooth 4です。

本日はこちらをレビューしていきたいと思います。

What is Zhiyun?

Zhiyun、あなたはすっと読めますか?
これはジウンと読みます。

実はジウンはまだ比較的新しい会社で最初の商品であるZ1-PROを発売したのは、ほんの数年前である2015年です。

Zhiyunの商品で一番人気が高いのは何といってもZhiyun Smooth-Q。
人気なのにリーズナブルということで、日本でも愛用者が多いと思われます。

Zhiyun Smooth 4ってどうよ?

Zhiyunはそもそもいろいろな電子スタビライザーをリリースしています。

そんなZhiyunからニューモデルが登場!!

日本で一番人気のZhiyun Smooth-Qと同等のお値段となっています。
上位版、といったところでしょうか。

詳細なスペックを大公開!

  • 製品名・・・Zhiyun Smooth 4(ジウンスムース4)
  • カラー・・・ブラックorホワイト
  • 電圧・・・7.4V
  • 積載重量・・・75g~210g
  • バッテリー・・・2000mAh
  • 充電時間・・・3時間
  • 連続駆動時間・・・12時間
  • ピッチ回転角・・・0~240度
  • ロール回転角・・・0~240度
  • 動作温度・・・-10~45度
  • 対応スマホサイズ・・・62 ~ 85mm
  • サイズ・・・32.80 x 12.30 x 10.50 cm/547g
  • 発売日・・・2018年4月13日

いつ発売されたの?気になるお値段は?

中国のECサイトであるGearBest(ギアベスト)ではもっと早く発売されたようですが、日本で発表されたのは2018年4月13日でした。

そして、GearBestでの販売価格は16,194円ですが、
日本での販売価格は17,980円

値段の差がかなり大きいようです。

一番重要なフォトはどんな感じですか?

一番重要なフォトは?

あくまでも私の印象ですが「ごちゃごちゃしているな」と感じました。

特徴は左側にある大きなダイヤルです。
このダイヤルでフォーカスチェンジが可能
そしてズームもこちらでスムーズに行うことが可能です。

ただし、どのスマホでもフォーカスの手動変更ができる、というわけでもありません。

推奨端末

下記がandroid OSでの推奨端末となります。

Google Pixel2、Google Pixel2 XL、Google Pixel、Google Pixel XL、Google Nexus 6、Google Nexus 6p、Google Nexus 5x
Samsung S8、Samsung S8+、Samsung S7, Samsung S7 edge、Samsung S6、Samsung S6 edge、Samsung S5、Samsung Note8、Samsung Note7
Huawei P10、Huawei P10 Plus、Huawei P9、Huawei Mate 10、Huawei Mate 9、Huawei Mate 8、Huawei Mate S
Oneplus 5、Oneplus 5T、Oneplus 3、Oneplus 3T
Xiaomi 6、Xiaomi 5、Xiaomi 5s、Xiaomi 4、Redmi Note 4x、Redmi Note 3
LG G6、LG G5
Smartisan NUT Pro 2、Smartisan U1 Pro
Oppo R9s
Vivo X7

※推奨端末でない場合、フォーカスやズーム機能に対応していない場合が御座います。

 
「PhoneGo」は動きのある映像の撮影の際にパワーを発揮します。

後ろのトリガーボタンを押しながら上下左右に動かすと
ジンバルの向きが即座に追従するので、早い動きに対応できます。

そのため、アクティブな場面で被写体をしっかり捉えられます。

PhoneGo

Smooth4はボタンがとても多くあるのですが、
ZY Playアプリ上で従来品よりアイコンが分かりやすくなっていて
正直モードが把握しにくくかった以前のモデルに比べこれは本当に嬉しい変更です。

そして嬉しい特徴として「軽さ」が挙げられます。

新素材を使うことで軽くなり、私たちの腕、肩等にかかる負担が軽減されます!
女性でも扱いやすいですね。

このような特徴から・・・やはり、使い勝手はかなり良さそう!

その他、こんな機能もあります!

◆タイムラプス
◆モバイルバッテリー機能
◆自動追尾(オブジェクト トラッキング)
◆アクションカムとの互換性

チェックポイント!ここがイイネ、ここがイマイチ

ここがイイネ!と思う点をピックアップしていくと

  • 何と言っても安い!
  • ボタンがたくさんついているのでモード変更がしやすい
  • 連続撮影可能時間が長い
  • 筐体品質が良い

というところが挙げられます。

逆にもう一声、というところは

  • ちょっと情報が少なめ

というぐらいでしょうか?

でもこれは今からレビューが増えていくと思います!

Zhiyun Smooth 4について感じたこと・総まとめ

Zhiyun Smooth 4総まとめ

電子スタビライザーとしては期待度◎
リーズナブルなのに機能が多く、使い勝手は最高。

ボタンが多くなっているのでモードの切り替えが楽々なんです。
手元でサクサク操作ができるから、もうスマホ画面をタップしなくてもOK。

そしてダイヤルを動かすことでフォーカスが変更できるので、
使いやすさも倍増です。

最近では機能が高いのに最安値で登場、
というものが増えていて嬉しい限りです。
やっぱり懐に優しいのが一番イイネ!じゃないでしょうか。

是非ともチェックしてほしい一品です。