手振れのない綺麗な動画を、
気軽に撮影することが可能な電子スタビライザー。

スマートフォンで使用するならば
断然zhiyun smooth 4がおすすめと言えるでしょう。

国内ではiosユーザーのシェアが多いですが、
世界的にみるとandroidユーザーのシェアの方が多いという事実もあります。
ジンバルを使うのはiPhoneユーザーに限ったことではありません。

今回は、
「androidでもzhiyun smooth 4は使用可能なのか」という部分に
フォーカスを当てて解説をしていきたいと思います。

同期してスマホの設定を操作できる便利な機能

先ずは、zhiyun smooth 4を
スマートフォンとBluetoothにて同期させたときに
使用可能となる、便利な機能をご紹介していきたいと思います。

代表的なところで言えば、
フォーカス操作ズーム操作などが挙げられるでしょう。

スマートフォンの画面に触れることがなくても、
ジンバル側のスイッチでこれらの操作が可能となります。

これによって、映画撮影の際に用いられる
ドリーズームなどの撮影手法を手軽に再現することが可能となります。

さらには、
インカメラとアウトカメラの切り替え、
撮影時のパラメーターの調節や解像度、
フレームレート
なども操作が可能です。

ジンバル側のスイッチでここまでの操作を可能とするのは
zhiyun smooth 4以外には存在しないでしょう。

専用アプリのインストールが必要

上記で紹介した機能を使用する為には、
「ZY Play」と呼ばれる専用のアプリケーションを
インストールする必要があります。

iosではApp storeに、
AndroidではGoogle Play storeにそれぞれ用意されています。

android端末で使用する際の注意点

ここで注意しなくてはならないのが、
Android端末によっては動作が安定しない場合があるということです。

一部の機種では、ズームのみ操作が可能となり、
ズーム作動もシームレスではなく、
動作がカクつくという報告もあります。

zhiyun公式ページには、android OS5.0以降が対象とされています。
また、同ページにて公表されている対応機種一覧は下記になりますので、参考にしてください。

Google Pixel2、Google Pixel2 XL、Google Pixel、Google Pixel XL、Google Nexus 6、Google Nexus 6p、Google Nexus 5x
Samsung S8、Samsung S8+、Samsung S7, Samsung S7 edge、Samsung S6、Samsung S6 edge、Samsung S5、Samsung Note8、Samsung Note7
Huawei P10、Huawei P10 Plus、Huawei P9、Huawei Mate 10、Huawei Mate 9、Huawei Mate 8、Huawei Mate S
Oneplus 5、Oneplus 5T、Oneplus 3、Oneplus 3T
Xiaomi 6、Xiaomi 5、Xiaomi 5s、Xiaomi 4、Redmi Note 4x、Redmi Note 3
LG G6、LG G5
Smartisan NUT Pro 2、Smartisan U1 Pro
Oppo R9s
Vivo X7

今後のアップデートによる改善に期待

上記でご紹介した機種以外にも
動作しているスマートフォンもあるようですが、
安定しない挙動もいくつか確認されています。

今後のアップデートによる改善に期待したいところです。

Android端末でもスムーズに使用できるようになれば、
さらに使用するユーザー層も増え、
クリエイトされる動画の幅も広がるはずです。

まとめ

スマートフォンでの動画撮影にとても便利なzhiyun smooth 4は、
Androidでの使用も可能です。

しかし、ジンバル側のスイッチにて操作をする場合、
対応機種が限られているのも事実でした。
この点はご注意いただければと思います。

今後のアップデートによって、
近い将来には全てのスマートフォンで、
安定した動作を実現できる日がくることを期待したいですね。