使用する機材によっては、
プロ顔負けの動画撮影が気軽にできるようになった昨今。
お手持ちのカメラを使って作品を残してみませんか?

zhiyun crane 2を使用すれば、
あなたの一眼レフカメラがそのまま
映像作品のための機材に早変わりします。

今回は、そんなzhiyun crane 2の使い方について
解説していきたいと思います。

スムーズなセッティングで素早く撮影

ジンバルを使うには兎にも角にも
カメラを設置しなければなりません。

カメラを固定するためには
ジンバルに付属している
クイックリリースプレートを使用します。

スムーズなセッティングを可能とするので、
如何なるシーンにおいても
素早く撮影することができます。

カメラとジンバルを付属のケーブルで接続しましょう。
これにより、カメラの設定などが
ジンバル本体のスイッチで可能となります。

実は重要なモーターパワーの設定

カメラをセッティングしたら
crane 2のモーターの強さを設定します。
これを行わないと上手く作動しなくなってしまいます。

ジンバル本体のパワーが強すぎてしまうと
モーター音が出てしまうし、

逆に弱いとジンバルの動きが安定しません。

しっかりと設定を行って、
思い通りの作品を撮影しましょう。

ダイヤルコントローラーで便利に設定変更

ジンバル本体に設置されたダイヤルで
F値の設定やISO感度などを操作できます。

crane 2にはLEDモニターが設置されているので、
撮影を中断することなく操作を行うことが可能です。

また、現在のモードを確認するときにも
モニターは重宝します。

細かい設定もお手の物。
使いこなすことで、映像制作の幅が広がります。

リアルタイムフォローフォーカス機能を使用するには

ジンバル本体側面のダイヤルを操作することで、
撮影しながらカメラ自体のフォーカスを
操作することもできます。

このリアルタイムフォローフォーカス機能を
標準で使用できるカメラは
Cannon EOSシリーズに限ります。

しかし、メカニカルフォローフォーカスを使用すれば、
各メーカーのカメラで
フォーカスコントロールが可能となります。

Canon EOSシリーズ以外のカメラを使用している方は
同梱のメカニカルフォローフォーカスの使用をおすすめします。

まとめ

ジンバルとしての基本機能である、
パンフォローモードやロックモード、
フルフォローモードももちろん搭載されています。

ジョイスティックも搭載しているので、
カメラの向きを操作することもできます。

バッテリー容量は6000mAhで、
最大駆動時間が18時間です。

耐荷重としては、最大で3200gになります。
各メーカーの一眼レフカメラや
ミラーレスカメラが設置できます。

お手持ちのカメラの動画機能を、
最大限まで活かせる
ことができるジンバルは
zhiyun crane 2以外ないのではないでしょうか。