巷で話題のジンバルをレビュー!高評価が目立つzhiyun smooth 4の実力

少し前まではプロが撮影のために使用するものだった
ジンバルやスタビライザー。

高価で大がかりなものが多く、
素人が使いこなすのは至難の業でした。

しかし、現在では手軽な値段で手に入り、
しかも軽量化されているので
誰でも使いやすくなっています。

そんなジンバルの中でも
評価が高いのがzhiyun smooth 4です。

なぜそこまで好評なのでしょうか。
レビューを交えつつ解説していきたいと思います。

ブレずに撮影ができるという安心感

取り付けたスマホを水平に保つための
モーターのパワーが強いzhiyun smooth 4は、
安心して撮影に集中することができます。

大型のスマホが多く流通している昨今では、
端末自体に比較的重量感があるのも事実です。

そんな大型のスマホでも
ブレずに安定して撮影することができるというのは、
高い評価を得る一つの要因なのではないでしょうか。

軽量感と質感をバランスよく追及

撮影時に使用する機能も素晴らしいのですが、
ジンバル自体の作りも追及されています。

軽量感を重視しながらも、洗練された本体の質感。

軽量感を追い求めるとチープになってしまいがちですが、
そこのバランスをしっかりと保っているのは
さすがと言わざるを得ません。

もちろん付属の三脚も同様で、
しっかりと所有欲を満たす作りになっています。

本体も三脚も、比較的コンパクトなサイズ感で、
しかも作りに妥協がない
というのはポイントが高いですね。

セルフィーにも便利な専用アプリでの操作

専用アプリをダウンロードすることで、
撮影時に便利な機能を
ジンバルのスイッチから操作することができます。

例えばズームやフォーカス操作などです。

スマホの画面に触れることなく
操作が可能なので、ブレの防止にも繋がります。

機能によっては片手での操作も可能なので、
セルフィーでの撮影にも実力を発揮することでしょう。

軽量感も相まって、
ジンバルで自撮りをしながら
様々なことができてしまいます。

※専用のアプリを使用しての操作は、Androidの一部の機種では、ズームのみ操作が可能となります。ズーム動作もスムーズではないという報告もあります。
zhiyun公式ページには、android OS5.0以降が対象とされています。

同ページにて公表されている対応機種一覧は下記になりますので、参考にしてください。

Google Pixel2、Google Pixel2 XL、Google Pixel、Google Pixel XL、Google Nexus 6、Google Nexus 6p、Google Nexus 5x
Samsung S8、Samsung S8+、Samsung S7, Samsung S7 edge、Samsung S6、Samsung S6 edge、Samsung S5、Samsung Note8、Samsung Note7
Huawei P10、Huawei P10 Plus、Huawei P9、Huawei Mate 10、Huawei Mate 9、Huawei Mate 8、Huawei Mate S
Oneplus 5、Oneplus 5T、Oneplus 3、Oneplus 3T
Xiaomi 6、Xiaomi 5、Xiaomi 5s、Xiaomi 4、Redmi Note 4x、Redmi Note 3
LG G6、LG G5
Smartisan NUT Pro 2、Smartisan U1 Pro
Oppo R9s
Vivo X7

長時間の撮影に適した大容量バッテリー

長時間ジンバルを使用する際に
気になるのがバッテリーではないでしょうか。

zhiyun smooth 4では
フルバッテリーでの最大駆動時間が12時間となっています。

これだけ大容量のバッテリーを
搭載していれば心強いですね。

例えば、旅行などで撮影する場合も安心できます。

子供の運動会などにもバッテリーを交換せずに
撮り続けることができるのではないでしょうか。

まとめ

軽量でパワフル、
しかも本体の質感にも満足できる仕上がりの
ジンバルに仕上がっています。

専用アプリの「ZY Play」
Androidの一部の端末に未対応ですが、
それも今後のアップデートに期待をしましょう。

とにかく使いやすいジンバルであることは間違いありません。

自信を持っておすすめできる、動画撮影時の心強い相棒です。